logo28.jpg


目次
1・ネイリストを目指している人の悩み事とは?

2・誰でも簡単にネイリストの資格を取るコツとは?

3・ネイルスキルアップ講座とは?

4・他にもこんなネイル検定合格法があります

5・知らないと損をするネイル検定の落とし穴とは?

6・ネイルスキルアップ講座の口コミ・レビュー・評判

7・美咲からあなたへのメッセージ




ネイリスト技能検定に合格する方法 􃧪 ネイリストに向いている人とは?

􀞣ネイリストに向いている人とは?􀞤􀀂 􀟩􂸥􀩐􀧻􂷩


ネイリストに向いている人とは?

小さな爪に細かなアートを施すことなどを考えますと、当然のことながら、不器用な人より手先の器用な人に向いています。

また、長時間にわたって集中力を持続させられる人でなければ難しいでしょう。

しかし、それだけではありません。

ネイリストはご存知の通り、お客様の爪や指先を健康的で美しくするのが仕事です。

しかし、それだけではなく、エクステンションやネイルアートなどもできなくてはいけません。

ご自身の爪をよくご覧になってください。

この狭い面積の爪に、細かなネイルアートなどの装飾をしていくわけですね。

美的感覚やセンスが優れているだけでは、勤まりそうもありません。

では、ネイリストに向いている人はどんな人なのでしょうか?

先程も触れました、美的感覚やセンスが優れているのは言うまでもありません。

お客様のファッションや好みに合わせてアートを施したりするわけですから、どんなに技術が優れていても、センスがなければ台無しですね。

流行にも遅れをとらないように努力しなければいけません。

次に人と接することが好きな人がいいでしょう。

ネイリストはお客様と手と手を触れ合い、至近距離で向き合って長時間接する仕事です。

お客様と上手にコミュニケーションがとれることが大切です。

一方的におしゃべりをするのではなく、お客様に癒しを提供することが重要です。

爪に関する知識や、ネイルケアネイルアートの技術を習得するだけでは一流のネイリストになることはできないのです。

一番大切なのは、『美や健康』に常に気を配り、お客さまを喜ばせるために必至で努力を惜しまないことです。

ネイルに関することだけではなく、ファッション全般やカラーコーディネートなど、トータル的な勉強をすることでスキルアップを計ります。

美しいネイルアートを施すには、美的センスや色彩感覚が重要です。

多方面の勉強もしておくと良いでしょう。